携帯アプリ >> 受託事業概要

システム導入の各フェーズについて

システムを導入するにあたりまして発生する工程は下記の通りです。


要件定義

要件定義につきましては、お客様の方で実施頂くこともございますが、弊社SEが訪問させていただきまして、お客様の業務、問題点について整理し、 システム化によって合理化や問題解決が図れるようにシステムのご提案をさせていただいております。
システム導入についてご検討をされておりますお客様は、お気軽にご相談ください。


開発フェーズ概要

  • 概要設計
  • お客さまの要件定義より、機能や画面等の仕様を決定します。
    また、ハードウェアやネットワーク等についてもご提案いたします。

  • 詳細設計
  • 概要設計により作成されてた仕様に基づき、データの処理やデータベースの詳細な仕様を決定します。

  • プログラミング
  • 決定した仕様に基づきコーディングを行います。言語は基本的にJavaを使用しますが、DelphiやRuby等の言語についても 承ります。

  • テスト
  • 単体試験・結合試験を通し、不具合が発生しないか、動作が仕様と一致するかなどの確認を行います。

納品

  • システム構築と冗長構成
  • 納品時のサーバのセットアップについて、ご案内いたします。
    また、システムの運用性を高めるためにサーバの冗長化を行うことも可能です。

リリース

お客様の方で、エンドユーザー様へシステムのリリースの告知等を実施いただきます。


運用フェーズ概要

  • 運用・保守
  • システム導入後のフェーズである、運用・保守について、概要を記載しています。
    携帯アプリ独特の保守内容等があります。