BAM >> BYOD版

BYOD版

BYODとは

社員が私物の端末を業務に活用することです。

【メリット】

  • 社員が私物の端末で情報管理を一本化できるため、業務効率向上に結び付きます。
  • 会社が社員に端末を支給せずに済むため、コスト削減につながります。

【デメリット】

  • 業務情報を私物の端末で扱うことによるセキュリティ上の懸念が残ります。
  • ※BYOD版BAM導入により、上記の懸念が解消できます。

通常版とBYOD版の違い

【通常版】

  • 待ち受け画面がビジネス用待ち受け画面に固定されます。
  • 管理サーバに登録されたアプリのみ使用可能となります。
  • 端末全体に制限をかけるため、業務専用端末となります。

【BYOD版】

  • 通常待ち受け画面からアプリ起動によってビジネスモードに切り替えられます。
  • 業務アプリをビジネス用待ち受け画面上で管理することによりセキュリティを確保しつつ、私物の端末としても支障なく使用できます。

  • ※管理機能は通常版・BYOD版で統合しているため、通常版を導入した端末とBYOD版を導入した端末を併用して運用していただくことも可能です

BYOD版紹介動画

BYOD版の概要

【追加予定機能】

  • ビジネス用待ち受け画面および管理サーバに登録されたアプリの利用可能時間を制限する機能